名古屋 スマート工場EXPO

20日 名古屋ポートメッセで開催されたスマート工場EXPOに情報収集のため出張してきました。

出展者は大きく変化しているところはなく、各社における進化が見られる印象でした。




その中でも特に有益な情報と感じたのは下記2点

①マツダの基調講演

②Quick viewというBIツールでの複数データの結合


①経営理念が浸透し社風を創り、その環境下でのQC活動が成果に繋がっている素晴らしい事例です。

基調講演は、マツダの歴史・理念・ものづくりの考え方(ストレート生産)の話をされ

具体的なカイゼン活動にまで事例紹介されていました。


例)塗装不良が起こる⇒原因は溶接の火花に含まれる鉄粉⇒付着しないようカバーする


となりそうなものですし、大概はそうしているらしいですが・・・


マツダの場合は、「火花の散らない溶接」を実現しているとのこと。

これは、対策を検討する際の多様な価値観から多様な改善策が生まれ、その成果であろうと想定できます。


歴史・経営理念・ものづくり哲学・社風・個々の従業員とチーム


もっと、マツダを勉強してみようと思います。




②は、ツールそのものではなく、それがきっかけで新たな知識を取得できたという内容。

こちらは後日、ブログにアップします👍

0回の閲覧

​株式会社ブレイブワークス

e-mail:y.housayama@brave-works.net

Tel&Fax:076-413-8688

〒939-8181 富山県富山市若竹町4丁目71

©2019 by 株式会社ブレイブワークス